酵素って?

私達は酵素がなければ生まれてくることができません。 酵素は身体の中で死ぬまで働き続け、生命活動に無くてはならない物質です。
誰もが酵素の助けを借りて細胞から人間へと変身して一人の人間が生まれる瞬間から必要不可欠な物質として存在しているのです。

その働きは生命活動全てに作用して健康・美容に大きく左右しています。
酵素の量が多く、活発な時は身体は順調に活動し、健康な毎日を送ることができます。 反対に酵素の量が少なく不活発になると体調が悪く病気になりやすくなります。

酵素と皮膚の関係はページ下部でご説明致します。

酵素がなければ大変。なのに・・・酵素を無駄遣いしています。

酵素の働き

私達が日頃、栄養源として食べている食物は例えば、タンパク質ならアミノ酸、でんぷんならブドウ糖、脂肪は脂肪酸という物質に体内で変えられて吸収されますが、そうした形に変えるのが体に備わっている酵素です。

さらに酵素はそうやって取り入れた栄養素を体の成分にしたり、エネルギーに変えたりという役目を果たしますし、その上で、体の機能をコントロールする物質の製造にも無くてはならないものです。

つまり、私達が生きていくのに不可欠な体のメカニズムの運営に酵素はなくてはならないものであり、酵素の働きが良くないといくら栄養のある食物を摂っても血にも肉にもならなければエネルギーにもならないわけです。

体内酵素は老化や生活習慣・食生活・ストレス・病気などにより減少していきます。元気で若々しく生きるためには酵素食品や酵素飲料を摂取することをおすすめします。

酵素を大切にする食べ方

たんぱく質と一緒に食べる=パイナップル、キウイセロリ、メロン、ダイコン。脂質を一緒に食べる=アボカド、セロリ、カリフラワー、ピーマンダイコン、ニンジングレープフルーツ、キュウリ、トマト、ズッキーニ、イチゴ。糖質と一緒に食べる=バナナ、ダイコン、レモン、リンゴ、ニンジン、ミカン、スプラウト、コマツナ

だから食べ物、食生活が大切なのです。

酵素生活をしよう。酵素の含まれるものを食べる。自然のものを自然のまま食べる。生のものを食べる。

食生活で身体は病気知らずの健康になります。

私達の身体の中の酵素

潜在酵素。消化酵素=食べ物を消化する酵素のこと。代謝酵素=身体を作り、病気を直したり考えたり全ての生命活動に使う酵素のこと

生命現象の全てに関わっている酵素は数が決められていて、限りがあります。
酵素をいかに無駄遣いせずにやりくりしているかが健康を保つカギになります。

酵素と皮膚の関係

酵素の働きが皮膚の状態に密接に関わります。

  1. 人間の体内にある繊維質のタンパク質はコラーゲンと呼ばれています。コラーゲンは酵素によって溶解される性質があり酵素を使って水に溶けるコラーゲン(ハリや弾力を与える為のコラーゲンに働く成分)を作ります。
  2. 細胞の酵素不足は細胞にタンパク質の吸収ができず、細胞壁が乾燥し皮膚のスポンジのような弾力性質が失われシワになってしまいます。
  3. 年齢と共に弾力の元になる物質を生む酵素の働きが低下することが原因でシワになってしまいます。
  4. タンパク質や脂肪を分解する酵素は肌表面をやさしく傷つけず汚れや老廃物を落とす強力な力があります。